一芸に秀でた介護士になることで給与アップ

介護士にもいろいろいますが、組織の中で重宝される介護士というのは、利用者などお客さんからから大なり小なり信頼を得ているものです。お客さんからの信頼があるから評価が高くなり、評価が高くなるから施設としては『ずっと働いていて欲しい介護士』となります。

反対に、どうでも良い介護士であれば、施設としてもそれほど給与額をアップさせたいとは思わないでしょう。

とはいえ、利用者から信頼を得るのは簡単ではありません。もし自分が、高いスキルとコミュニケーション能力を持ち、既にお客さんから信頼と評価を得ていると思えるのであれば、その能力を正当に評価してもらえる場所を探すべきです。そして、もっと良い環境を見つけるのにそれほど時間もかからないと思います。

ただ、多くの介護士はそううまく行かないから悩んでいるわけで・・・技術の向上といっても、一朝一夕に出来るものではありません。

日々、スキルの向上を目指していくのは言うまでもないことですが、それと併せて、1つ心がけて欲しいことがあります。それは、何かしら、顧客から信頼を得られるものをまずは1つ持つ、ということです。

介護の全てにおいて顧客から評価を得る、あるいは同僚や施設から評価を得るのは難しいことですし、長い年月がかかります。すべて【優】を目指すよりも、大抵は【可】でよいから1つだけでも【優】を目指すほうが現実的です。

1つのことに秀でてくると、この件については誰にも負けないという自信が生まれてきます。こうした自信は、他の仕事にも影響を与えます。

人間の振る舞いというのは不思議なもので、同じことをやっていても自信を持って行っていると、『あの人に任せたら安心』という評価につながります。

まずは1つの件について、自分で自信を持って扱うことが出来るようになるまで努力してみましょう。そこから変化が生まれます。