介護で働く人はどんな人か?

介護で働く人はどんな人が多いのでしょうか?

一言に介護といってもいろいろな仕事があり現場があります。それゆえ、介護で働く人と言っても十把一絡げにすることはできず、色んな人がいる事は想像に難くないと思います。

ただ1つ言えるのは、一つ目の仕事で介護を選ぶ人は少ないということ。大体は別の業界で何社か別の仕事をしてから介護に辿り着いたという経緯を持っている人が多いです。

【紆余曲折あって介護に辿り着いた】
介護というのは色々な人が集まってきます。元々、別の業界、業種で色々な仕事をやっていて、そこに合わずに最終的に介護に落ち着いたという人が多いです。

やはり、良いイメージがあまりなく、精神的にも体力的にもきついという事で、初めから介護をやりたいという人はそこまで多くありません。しかし、介護の専門学校などがある通り、介護の世界へ最初から入っていこうという人は一定数存在します。

介護に就く人というのは、40代以上の色々な人生を歩んできた人と、極端に若い世代の2ケースが多いです。言い換えると、人生で色々あり過ぎて介護に辿り着いたという人と、手に職をつけるという事で介護の道を選んだ人たちです。

どちらも、自分の人生に自信を持てるような人生をあまり送っておらず、ぐちゃぐちゃとしたものがある、という人が多い気がします。

介護の世界に入ってきた人でも、すぐ辞めていく人もいればじっくり腰を据えて長く頑張る人もいます。こればかりは、合う合わないが人によって違うので、自分に合う仕事だと思ったら長く続けて欲しいと思うほかはないですね。

ただし、一旦介護の仕事についたなら、そこで何かをつかむまでは少し我慢して頑張って欲しい氣持ちは在りますね。


【共働きの女性で介護】
介護というのはパートでの募集も数多く行っております。そのため、共働きの主婦などが介護に就く事は多くあります。パートで働いている人はほとんどがそうではないのでしょうか。

今の時代、求人を見てみれば介護の求人は何処でも募集しています。そうした求人から何処でもやっていける仕事として介護を選ぶ人は数多くいるのです。

たまたま、介護施設が近くにあっただけ、という理由で求人に応募する人もいます。いろいろな経緯で介護の仕事をすることになったとしても、一旦介護の仕事の経験を得られれば、他の場所や他の職場に行ってもやることは基本的に同じです。

そのため、介護の基本スキルが身についた人は、次に転職をする際に介護の職場を見つけやすいと言えます。

もちろん、本人が「介護の仕事はもうイヤ!」と拒絶してしまってはしょうがないですが、反対に、介護の仕事に慣れたなら、意外と潰しの利く仕事ではないかと思いますね。


【介護には色々な人がいます】
最初から介護の仕事を選ぶ人が居ないというのは、介護業界としてはどうなのかと思いますが、介護の仕事が持つイメージによるところも大きいでしょう。他にも、給料など現実的なところもあると思いますが。

例えば、看護師であれば、病院で苦しんだ時にお世話してもらった優しさや格好よさが忘れられず、社会人になったら看護師として働いていきたいという人はよく見かけます。もちろん、看護師になったら一生モノの技術が身につくという現実的な側面もあるとは思いますが、それでも夢のある話だと思うのですよね。

介護士についても、夢ある仕事の1つとして選ぶ人がこの先増えてくることがあれば嬉しい限りです。

もっとも、色々な人が沢山の事を考えた結果が今の介護職としての自分になっているのです。今、介護職として働いている自分に誇りを持ち、仕事を続けていって欲しいと思います。