派遣で働くメリット・デメリット

介護の仕事を探すのに、派遣を使う方法もあります。派遣スタッフとして介護の仕事に携わるわけですが、派遣で働く人の数は徐々に増えてきています。

これは、企業側からの派遣スタッフの希望が増えてきたと同時に、派遣で働くメリットを見出した労働者側が増えてきた結果でもあります。

まず企業側から派遣スタッフを希望する理由については分かりやすいでしょう。派遣は自社の雇用ではありませんので、必要なときに必要な数だけスタッフを増やすことが可能です。派遣スタッフだと、自社のポリシーの順守姿勢が不足する場合がありますので、手放しに派遣社員ばかり増やせないという面もありますが、一時的にスタッフの増員が必要となった際は、その場を派遣スタッフでしのぎ、徐々に自社プロパーを増やしていくというのが常套手段だと言えます。

一方、働く側からも派遣スタッフとして介護の仕事を希望する人が増えてきています。

というのも、介護サービスを提供している企業に直接雇用されて働く場合、時間がかかることが多いからです。企業として人を雇うのはどうしても慎重にならざるを得ません。そうなると、なかなか内定が出ないことになります。自分も生活しなければなりませんので、何らかの形で職に就かなければならない。そうなると、派遣スタッフとして介護の仕事に就くほうがはやく生活が安定するという結果になるのです。

最近は、スタッフの流動性を考えて派遣スタッフを増やしている企業も増えてきています。そうしたことから、条件に合った仕事を早く見つけたいなら派遣の介護スタッフとして働くということも1つの方法です。

働く人にとって雇用されて働くのと、派遣で働くのでは次にあげるような違いがあります。

■雇用で働く
 雇用された企業で腰を据えて長く働くことが前提
【メリット】
 企業での社員向け待遇を受けることができる
【デメリット】
 職場を見つけるのに時間がかかる
 企業内のしがらみなどを受けやすい

■派遣で働く
 派遣会社に登録し、需要がある企業へ派遣されて働く
【メリット】
 自分の希望する条件にあった仕事が早く見つかりやすい
 柔軟な働き方を実現できる
【デメリット】
 派遣先によって状況が異なる。
 派遣先で、現場になじむのに苦労することがある。

ただし、上記は一般的な特徴であって、最近は派遣社員でも自社(派遣元会社)の保養施設を利用できたり、教育訓練プログラムに参加することが可能だったりします。

派遣で働く場合は、専門性を持った人物を必要な期間だけ用意したいという意味合いが強いですが、介護に関して言えば、派遣でも長期間働いてもらうことを前提にしているところの方が多いです。

もちろん、『レギュラーの介護スタッフが数か月働けなくなったために短期間だけスタッフを充当したい』といったケースもあります。これは現場でのケースバイケースです。

派遣会社側には、派遣サービス企業からの様々な需要が来ていますから、自分の条件面での希望を伝えてそれにマッチした仕事を探してもらうことになります。

ただし、最終的に生活を安定させるには、正規雇用社員として働く方がよいと言われています。派遣社員として働きつつも正社員雇用への道も探り、これは!という良い職場がみつかれば正社員として働き始める、という考えが良いと思います。

そのためには、自分の力で情報収集や就職活動をすべて行うのではなく、転職支援サービスのコーディネーターのサポートも借りるのが良いでしょう。転職支援サービスではさまざまな情報があつまりますので、ホットな情報もいち早く入手することが可能です。

そして、熱を入れて転職活動をする際には、1つの転職支援サービスだけではなく、2,3社に登録して、情報源を増やすこともおすすめです。