介護にあたって高齢者への対応で注意すること

介護にあたって高齢者への対応で注意することをいくつか挙げてみます。

高齢者は加齢とともに身体のいろいろな機能が低下するために運動機能が一般の人よりも低くなります。さらに要介護者ともなると、病気や心身の機能の障害といった原因により自分で思うように動くことは難しく、他人の手を借りないと日常生活を送ることが困難になってきます。

一方、心理的な側面に注目しますと、高齢者は、これまでの仕事から退くことや、子離れによる子育ての終了など、役割から解放されることによって、自分自身で収入を稼ぐ能力の低下や社会交流の役割を失うことなどを経験します。
これまでは、社会的・家庭的にも大きな役割を担ってきたわけですが、仕事であればある時点を境にして、また社会的な交流であれば徐々に、その役割から退くことになるのです。

それは世代交代の面からは仕方がないことではあるのですが、その結果として生きる目的、生きがいの喪失につながるケースもしばしば生じます。具体的には、気力が衰えて悲観的になったり、あるいは極端に寂しがったり、そして些細なことで愚痴っぽくなったりします。時にはそれが性格の変化につながる場合もあります。

さらには、心理的にデプレッションが生じることがあります。心身が弱ってくるにつれて無気力になること。そして意欲の低下から周囲への依存心が高くること、などがあります。自分の思考がマイナス面による傾向が強くなるのです。

ただし、当然ながら全ての高齢者がマイナス面ばかり強調されるわけではありません。これまで生きてきたことで、人生について到達感、充実感といった感情を味わっており、さらには豊かな人生経験から思慮深さ、生活の知恵なども得ています。
そうしたことで、ほとんどの高齢者がプラス面の性格や生活態度も十分に身につけています。

高齢者だからといってひとくくりに型に当てはめるのではなく、一人一人をよく観察してその人に合った介護の仕方をすることが大切なのです。そうすることで、利用者の方も「自分は大切にされている」という感覚を覚えて、職員に心を開きやすくなります。